遺言

ブログ

離婚にともなう親権と遺言【遺言書の作成】

離婚後に親権者となった親は、遺言書で後見人を指定しておくことが望ましいと言えます。遺言は財産の事だけではなく、身分関係の事も指定できます。若く健康であっても、いつ事故や災害に合うかはわかりません。家族のために、早めの対策をお勧めいします。
ブログ

遺言の撤回について【遺言書の作成】

一度作成した遺言を簡単に撤回できるのか、というところで遺言書の作成に躊躇している方も多いのではないかと思います。
ブログ

ゴルフ会員権の相続について【遺言書の作成】

ゴルフ会員権の一身専属的な部分は会則等に定められてルールに従う事になります。遺言書でゴルフ会員権を相続させたい場合は、ゴルフクラブの会則等をよく確認しましょう。
ブログ

預貯金の相続について【遺言書の作成】

預貯金は被相続人が金融機関に対して持っている「債権」という扱いになります。預金のように分けることのできる債権は「可分債権」といい、以前の裁判例では「法定相続分に応じて法律上当然に分割される」という考え方でしたが、平成28年12月の最高裁判決では「相続開始と同時に当然に相続分に応じて分割されることはなく、遺産分割の対象となる」と判示されました。
ブログ

不動産の遺言はどのように残せばよいか【遺言書の作成】

相続財産として不動産を所有されている方は多いと思います。今回は不動産について遺言書に記載する際の注意点を解説いたします。
ブログ

遺言の実現【検認と遺言執行者について】

自筆証書遺言の保管者、または発見者は相続開始後遅滞なく、相続開始地(被相続人の住所地)の家庭裁判所に検認の申立てをしなければなりません(民法1004条1項)。公正証書遺言は検認不要です。
ブログ

【遺言書について①】

遺言とは、遺言書を残した人の最終の意思表示であり、その人の死後に効力を生じさせる制度です。 遺言を残すことによって、自分の所有する財産を死後であっても自由に処分ができます。遺言のない場合に、民法で定められた「法定相続分」によって相続されることになります。法定相続人に全く遺産を渡さない内容の遺言書も有効なのです。