具体的相続分

ブログ

最終的な相続分はどのように算出するか【具体的相続分について】

具体的相続分とは、共同相続人の中に被相続人から遺贈を受けたり、生前に贈与を受けた者がいた場合に、これらの遺贈・贈与などの「特別受益」を考慮して算定される相続分をいいます(民法903条)。また、被相続人の財産の維持・増加に寄与した者がいた場合には「寄与分」を考慮して、具体的相続分を算定します(民法904条の2)。