許認可

ブログ

第2種動物取扱業者について【動物愛護法】

2012年の動物愛護法の改正により、第2種動物取扱業者が設けられました。第2種動物取扱業者は、動物の取扱のうち、営利性をもたず、飼養施設を設置し一定頭数以上の動物の取扱いを業として行うものをいいます。第2種動物取扱業を行うには、飼養施設を設置する場所ごとに、その所在地の都道府県知事等へ届出が必要になります。
ブログ

第1種動物取扱業者に課せられる責務【動物愛護法】

都道府県知事等より登録証が交付された後、第1種動物取扱業の営業が可能となりますが、様々な責務が課されます。
ブログ

第1種動物取扱業の登録 【動物愛護法】

第1種動物取扱業を営もうとする者は、当該業を営もうとする事業所の所在地を管轄する都道府県知事等の登録を受けなければなりません
ブログ

動物取扱業者について 【動物愛護法】

動物愛護法(動物の愛護及び管理に関する法律)により、ペットショップや猫カフェ経営者などの動物取扱業者に対して様々な責務が課されています。
ブログ

ネットオークションの利用に古物商の許可は必要か 【古物営業法について】

古物営業をするためには公安委員会への許可または届出をする必要があります。このルールは「古物営業法」という法律に定められています。 ネットオークションの利用も、場合によっては古物商の許可が必要になります。 なぜ許可が必要なのか。そもそも「古物営業」や「古物」とは何なのかを解説したいと思います。