ブログ

ブログ

一時的な空き家の管理について

転勤などで自宅が数年空き家になってしまう事も考えられます。 空き家の管理については、専門業者に委託または親族等に管理を任せる方法、無償で知人等に貸すかわりに管理をしてもらう方法、定期建物賃貸借契約を結び他人へ貸す方法などが考えられます。
ブログ

空き家を処分する際の注意点 建築基準法の接道義務について

建築基準法の43条1項に「建築物の敷地は、幅員4m以上の道路に2m以上接しなければならない」という規定があります。これを「接道義務」と言います。この接道義務を満たしていないと、原則、建築をする際に行政からの「建築許可」が下りません。
ブログ

自治体が実施している空き家対策の制度

自治体の取り組む空き家の補助制度をうまく利用して、空き家問題を解決できる可能性があります。お住まいの地域でどのような助成制度があるか確認しましょう。 助成制度に関して不明な点や、要件を満たしているかよくわからないなど、お困りな事がありましたら、お気軽にご相談ください。
ブログ

特定空家等に対する措置 【指導~代執行まで】

空家法の9条に市区町村長が、空家等の所有者等調査や立ち入り調査ができる旨の定めがあります。立ち入り調査は「特定空家等」に該当するか否かを判断するためのもので、この立ち入り調査を拒んだり妨害した場合には過料として20万円以下の金銭罰に処されます。 特定空家等の所有者等に対して、市区町村長は必要な措置を取るように指導や命令をします。従わない場合には最終的に「行政代執行」を行います。代執行までの流れは以下の通りです。
ブログ

特定空家等とは何か【認定基準等】

平成27年5月26日に「空家等対策の推進に関する特別措置法(通称:空家法)」が施行されました。この法律の趣旨は「倒壊しそうな空き家や、衛生上周囲に有害となりそうな空き家、著しく景観を損なっている状態の空き家等を何とかしましょう」と言う内容です(かなり大雑把に説明していますが、おおむねこのような趣旨です)。 空き家の中でも上記のような状態で、早く対策を取るべき空き家を「特定空家等」と呼びます。
ブログ

離婚にともなう親権と遺言【遺言書の作成】

離婚後に親権者となった親は、遺言書で後見人を指定しておくことが望ましいと言えます。遺言は財産の事だけではなく、身分関係の事も指定できます。若く健康であっても、いつ事故や災害に合うかはわかりません。家族のために、早めの対策をお勧めいします。
ブログ

遺言の撤回について【遺言書の作成】

一度作成した遺言を簡単に撤回できるのか、というところで遺言書の作成に躊躇している方も多いのではないかと思います。
ブログ

相続財産に債務(借金)を含む場合【遺言書の作成】

遺言書作成時には債務額を把握しておくことも大切です。遺言によって相続財産が少なくなった相続人にも法定相続分の債務が発生してしまいます。相続人間のトラブルを防ぐためにも、遺言書で対策しておきましょう。
ブログ

協議離婚の際に注意すべきこと

民法の763条に協議離婚についての条文があります。 「夫婦は、その協議で、離婚をすることができる」と定められています。裁判手続きによらず、当事者の協議によって離婚が成立することが望ましいですが、慰謝料や財産分与、養育費や年金分割など、決めておくべきことがあります。
ブログ

ゴルフ会員権の相続について【遺言書の作成】

ゴルフ会員権の一身専属的な部分は会則等に定められてルールに従う事になります。遺言書でゴルフ会員権を相続させたい場合は、ゴルフクラブの会則等をよく確認しましょう。