ブログ

ブログ

空き家の対策 【不燃化特区制度について】

不燃化特区においての建替えや老朽建築物の除却については様々な助成制度が用意されており、助成の金額が高額になっています。これは東京都が木密地域の不燃化を目標としているためであり、平成32年度までの制度となっています。
ブログ

相続法改正 預貯金の仮払い制度

平成28年12月19日に最高裁大法廷決定において「預貯金債権は、遺産分割の対象になる」と判示されました。 この判例を受けて、仮払制度が導入される事になりました。 これは被相続人の葬儀費用の支払いや相続債務の弁済、生活費などに使用するため、共同相続人が単独で払い戻しができるように創設された制度になります。
ブログ

相続法改正 持戻し免除の意思表示の推定

平成30年7月13日に民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律が公布されました。 その中に配偶者の居住権を保護するための方策として「持戻し免除の意思常時の推定規定」が新設されました。前々回、前回に引き続き、こちらも配偶者保護のために新設された規定になります。
ブログ

相続法改正 配偶者短期居住権

平成30年7月13日に民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律が公布されました。 その中に配偶者の居住権を保護するための方策として「配偶者短期居住権」が新設されました。前回解説した「配偶者居住権」は残された配偶者が亡くなるまで有効となるものでしたが、この制度とは別に短期的な居住権の制度も創設されました。 今回は配偶者短期居住権について解説したいと思います。
ブログ

相続法改正 配偶者居住権について

平成30年7月13日に民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律が公布されました。 その中に配偶者の居住権を保護するための方策として「配偶者居住権」が新設されました。施行日は公布の日から2年以内となっていますが、配偶者居住権の制度についてまとめてみたいと思います。
ブログ

公的なリバースモーゲージと金融機関の商品としてのリバースモーゲージ

リバースモーゲージとは、不動産を担保に老後の生活費の貸付を行う制度で、将来的に空き家になりうる不動産の活用方法としても注目されています。住宅以外に預貯金などの資産がないという方の老後の生活資金として利用されています。
ブログ

不動産担保 抵当権と根抵当権

リバースモーゲージ利用の際は抵当権・根抵当権の仕組みをよく理解して計画的に活用することが大切です。
ブログ

空家等対策の推進に関する特別措置法とは 空き家放置のリスク

平成27年5月26日に「空家等対策の推進に関する特別措置法(通称:空家法)」が施行されました。空き家を放置している所有者・管理者に対して厳しい法律となっています。空家法について分かりやすく解説したいと思います。
ブログ

空き家対策 リバースモーゲージと信託の活用

空き家となっている住宅を取得したきっかけとして、最も多いのが「相続」によるもので、全体の52%を占めています(国土交通省の「平成26年空家実体調査」)。 将来的に空き家となってしまう可能性のある物件を所有している場合は、早めの対策が必要です。
ブログ

相続放棄と空き家の管理と相続財産管理人

相続放棄をしても、特定空家等に関する管理責任を問われる可能性は非常に高いと思います。空き家となりうる不動産の対策は、なるべく早いうちから行うべきでしょう。